×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


勝田線の女について考えよう

勝田線の女

「勝田線の女」は人物もフキダシも無く、劇画の形態を逸脱した作品と作者自身も述べているが、他の作品は、男と女の関係から生じる人間の営みの生々しさを見事に捕らえて描いた作品集である。
顔も度胸もいい男、神田お玉が池の岡っ引き『人形佐七』が、江戸で起こる妖艶奇怪な事件に挑む! 「三大捕物帳」として名高い横溝正史の名作時代劇を、流麗なる筆致で見事に劇画化。
選りすぐりの全七編を収録。
刀鍛冶であった父が、非業の死を遂げる。
そして、16歳の少女・お涼は。
父の仇を討つため江戸へと舞い戻ってきた。
幕末の動乱に乗じ荒稼ぎを企む刀商人や、亡き父の師匠・沢渡秋水たちとの関わりの中で、少女は人を斬るだけではない刀の本質、その本来の美しさや精神性を学び、刀鍛冶としてさらなる成長を遂げていく。
切れ味抜群で、でも斬れない刀とは――至高の一振りを目指し刀鍛冶・お涼が鎚を振るう!!天文十五年(1546)――室町幕府の力が衰えた時代に元服した織田三郎信長は、抑えられない性欲に苦しんでいた。
そんな折り、守役・平手政秀の計らいで、信長は斎藤道三の娘と結婚する事となる。
私生活が充実し、軍備の充実など、精力的に活動する信長であったが、一族の中には彼を「うつけ者」として、家督相続を認めない動きもあった。
誰も見た事がないの信長……記念すべき第1巻!県立伊手高柔道部。
かつては県大会優勝など輝かしい実績を誇っていたが、今はすっかり衰退している。
6月に3年生が引退し、2年生部員は0。
残ったのは全員初心者の1年生数人だけだ。
この厳しい状況の中、部長に任命された林田は部の再建を目指し燃えるが、残りの部員はロクでもないメンバーばかりで…!? 伊手高柔道部の面々が繰り広げる、学園コメディー!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60020319



Copyright © 2009 勝田線の女について考えよう All rights reserved