×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奔放な情熱

婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーは、彼の兄ハリソンと出会う。
彼は実業家として成功している精悍な男性で、一目でキンバリーは彼の虜になってしまった。
けれどハリソンは、キンバリーを財産目当ての女だと罵り、怒った彼女の唇を荒々しく奪った。
ハリソンの魅力が怖くなり、キンバリーはわざと悪女を演じた。
二年後に再会した二人は激しい憎しみと情熱の嵐にのまれ、一夜を過ごした。
そして、キンバリーは妊娠してしまい……。
ワイナリーに滞在中のアレクサンドルを一目見たとたん、シャーロットは初めての恋に落ちた。
でも、内気で地味な私が振り向いてもらえるはずもない。
満たされぬひそやかな憧れを、彼女は日記につづることだけで満足していた。
自分への熱い思いをしたためたシャーロットの日記を読み、アレクサンドルはひとりほほえんだ。
近づくたび逃げ出すくせに、僕に惹かれていたとは。
ここにいる間だけでも、彼女の願いをかなえてあげよう。
元恋人に監禁され、命からがら逃げ出したローラは、逃亡生活を続けながらウエイトレスをしていた。
ある日彼女は、フォーチュン家の御曹子アダムに見込まれ、住みこみの子守りとして働きだす。
やがてローラは、冷たい仮面の下に隠されたアダムの優しさに惹かれ、ずっとここにいたいと願うようになった。
だが、ここにいればきっとあの男に見つかり、アダムや子供たちにも危害が及ぶだろう。
だからローラは誓った、アダムには深く関わらないと。
車を走らせていたジョアンは、急ブレーキをかけた。
行く手に男が立ちはだかったのだ。
男はいきなり運転席のドアを開けて彼女を車から降ろすと、武器を隠しているはずだと身体検査を始め、おまえは連中の情婦だろうと罵った。
でも、乱暴な言葉遣いのわりには良家の出身者特有のアクセントがあるし、着ているものも上等だ。
ジョアンは人違いだと必死に訴えた。
「寝返るべきだな。
ぼくの情婦になるほうがずっと有利だ」。
男は耳を貸そうともせずに言った。
アンドレアスと出会って二年目の記念日を目前に、ホープの心は弾んでいた。
だがお祝いの計画を練るホープに、友人が心ない言葉を浴びせた。
大富豪でプレイボーイのアンドレアス。
その彼にとって、ホープはただの愛人でしかないと……。
そんなわけないわ! でも、本当にそう言い切れる? 確かに将来を話し合ったことも、家族や友人に紹介されたこともない。
私は彼にとって、都合のいい存在だったのかしら。
数日後、その不安は現実となる。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011259